資格 就職転職に有利な資格

就職に有利な資格

就職に有利な資格

 就職に有利な資格を知ることによって就職をスムーズにさせることができますが、なかなか就職に有利な資格というのは取得が難しいかもしれません。

 

 では就職に有利な資格にはどのような資格があるでしょうか。

 

 就職に有利な資格と言えば、例えば宅建取引主任者や簿記、シスアド、危険物取扱者、衛生管理者、社会福祉士、販売士といった資格が思い浮かぶのではないでしょうか。

 

 上記の資格は、持っている方が就職に有利な資格ばかりです。またこれらの資格を持っていることによって就職先で資格手当をつけてもらえるなどの待遇もありますからいいですよね。

 

 他にも、就職の際に有利な資格を持っていることによって資格取得の目的意識や前向きな姿勢なども評価してもらえますから、就職にとても有利になると思います。

 

 今、就職に有利な資格としては、パソコン系の資格が人気ですね。また、金融系の資格ではファイナンシャルプランナーの資格や証券外務員の資格、簿記の資格といったものも人気です。

 

 医療系の就職には、医療事務や歯科助手、社会福祉士や介護福祉士といった資格も有利になってきますから、自分がどんなジャンルの仕事に就きたいのかによって、その方向の資格を取得すると、就職に有利になると思います。

介護資格

 介護の資格といってもいろいろな種類の資格がありますよね。例えばホームヘルパー2級、ホームヘルバー1級の資格がありますが、こちらは比較的持っている人が多い資格ではないでしょうか。

 

 ホームヘルパー2級の資格は、介護福祉分野で働こうと思っている人にとっては入門的な資格になるかもしれませんね。それから医療事務も介護資格のひとつとしてあげられると思いますが、女性にとても人気の資格で、老人ホームや病院、診療所といった場所で働くことができます。

 

 それから介護資格の中には介護福祉士の資格もありますね。介護の仕事の中ではこの介護福祉士だけが国家試験になりますから頑張って資格を取得したいところですね。

 

 また介護資格の中には、実務経験を積んだ人しか受験することができないようなケアマネージャーの資格もありますし、福祉用具について相談を受けるという福祉用具専門相談員の資格もあります。

 

 このように、介護の資格といってもいろいろですが、これからはもっと高齢化社会が進みますから、介護系の資格というのはニーズがあると思います。介護系の資格を取得しておくことは社会の役に立つことはもちろんのこと、自分の家族の介護にもきっと役立ちますよ。

ホームヘルパー2級の資格

 ホームヘルパー2級の資格についてですが、ホームヘルバーの資格というのは1級から3級までありますが、その中でも実際に体の介護サービスをする場合には、ホームヘルパー2級上の資格を持っていなければいけません。

 

 ホームヘルパー2級の資格では、家事援助の基本的な知識、技術、そして専門的な介護の知識と技術を身につけることができます。ホームヘルパー2級の資格を取得することは今の社会でのニーズにこたえていることにもなります。

 

 資格がなくてもホームヘルパーになることは十分に可能ですが、家族の介護をするにはいいかもしれませんが、実際に仕事として採用をしてもらうことを考えている場合には資格を取得したおく方がいいでしょう。

 

 もちろん有資格者の採用しか行っていないところが多いのが現状です。ホームヘルパー2級の資格はどの介護職にも関連している資格で、介護職の基本となっている資格ですから、これから先、福祉系、介護系の仕事をしたいと考えている人の場合には、必ず取得した方がいい資格です。

 

 ホームヘルパー2級の資格は年齢制限や学歴などの受験資格もありませんから、これからの高齢化社会に向けてぜひ取得しておきたい資格の一つではないでしょうか。