就職に有利な資格

調理師の資格

 調理師の資格についてですが、調理師の資格は名称独占資格のひとつです。

 

 調理師は、その名前を使って調理をすることができる資格のことをいいますが、食品の栄養や衛生、そして調理法などただ単に調理ができるというだけでなく、いろいろなジャンルで調理について勉強や幅広い知識と技術を持っていなければいけません。

 

 調理師の資格試験はやや易しいとされていて、合格率は60パーセント程度です。調理師の資格を持っていればホテルや旅館、飲食店や製菓関係の仕事にも就くことができますし独立す ることもできます。

 

 調理師の仕事というのはセンスや技術なども大切になってきますから、独立は結構大変ではありますが、たくさんの人が調理師免許を取得して独立しています。

 

 調理師の資格を取得するには受験資格がありますから、しっかりと確認しておいた方がいいと思います。調理師の資格試験の試験内容は衛生法規、公衆衛生学、栄養学、食品学、食品衛生学、食文化概論、調理理論の7つの分野から出題されます。

 

 調理師の資格試験は各都道府県で年に1回行われています。手に職をつける資格の中でも、調理師資格は比較的高度な技術が必要な資格かもしれませんが、その分将来性は大きい資格です。

 

資格 就職転職に有利な資格

ベンダー資格

 ベンダー資格という言葉を聞いたことがありますか。最近ベンダー資格という言葉をよく耳にするとい う人も多いのではないでしょうか。

 

 ベンダー資格というのはどんな資格なのかというと、IT関連の製品を製造販売している企業、つまり企業がベンダーで、企業が自社製品について精通している技術者を認定するために作った資格がベンダー資格と呼ばれています。

 

 ベンダー資格は別名ベンダー認定資格という名前でも呼ばれていることが多いようです。ベンダー資格に必要な技術や知識は、その製品、たとえばOSやソフト、ハードウェアなどのメーカーや販売代理店が販売している商品の内容を、何でも分かっているかどうかを認定する資格ということになりますね。

 

 ベンダー資格で有名なところとしては、マイクロソフトのMCP、シスコシステムズのシスコ技術者認定といったものも有名です。

 

 ベンダー資格の中でも特定のベンダーに依存しないようなベンダー中立の資格試験もあります。ベンダー中立の資格としては情報処理技術者の試験などがあげられます。

 

 このように、今は公的資格、国家資格、民間資格のほかに、ビジネスに役立つベンダー資格というのが加わって、特にI T関連の資格としてベンダー資格は増えています。

 

資格 就職転職に有利な資格